忘れていた、ビジネスをはじめた本当の理由

今はビジネスを行うのが楽しくて、

メルマガを書いたり、ブログを更新したり、
每日できています。




僕がなんで自分で、
ビジネスを始めたかったか、

すっかりと忘れていたんですが、

思い出しました。^ ^




僕は副業を行うようになったとき、


当時の会社の社長と2人で、
会社の立ち上げを行い、

創業メンバーとして、

仕事をさせて頂いていたんです。



最初のうちは、
いい関係でいられたのですが、

僕の人間ができてないのと、


日々の業務の忙しさが相まって、


社長さんが、
ことあるごとに、


『ここは自分の会社なんだから。』


という言葉を言われるようになりました。



会社には、
社員さんがどんどん増えていて、

ワンマン化する社長の言葉を、

あまり良く思わない
雰囲気もあったんです。



休日に電話が鳴ったと思うと、

社長の勘違いで、
いきなり怒鳴られたことも。T^T



(ただ、僕の精神面が幼すぎもしました。)




当時、

僕の子どもは長女1人で、
幼稚園になったばかりの頃でした。


社長には、

うちの長女のいっこ下の女の子の
お孫さんが居て、


お互いに幼稚園の運動会シーズンのとき、



社長から、

なんでだったか
覚えていないのですが、


『運動家でもなんでも、
 休日出勤が必要なときは、

 出てきなさい!』


という内容の話を、
怒りながら言われたんです。



会社の仕事を進めて行かないと!

っと、

自分ではいろんな重圧を感じながら
仕事をしてきたのですが、


何か張り詰めていた気持ちが、


「もういっか。」


そう、
プチっと切れてしまったのを感じました。



「家族と楽しく暮らすために、
 会社の立ち上げから頑張ってきたのに。」



(当時はそう思いましたが、

 会社を立ち上げて、
 社員にお給料を払うプレッシャーは、

 半端ないものと、
 この後、起業をしたおかげで知ります。)



こんな積み重ねがあったことで、

子ども達と過ごす時間を、
自分でコントロールできる方法を探し始め、


『副業・起業』


という言葉に出会ったんです。



このあと、

副業・起業、

そして、廃業を経験していきます。




無料プレゼント!『メルマガ集客』の教科書

【1000名のメルマガ読者さんを1ヶ月で集めた】
本当の方法を無料プレゼントしています♪

✅52000点以上の作品の中で日本1位を受賞!
✅億万長者が行う「愛され集客」の秘密が解明!
✅1300名以上がダウンロード!
✅セミナーに152名を集客した方法!
✅半年で600万円の売上に!?

→[メルマガ1000]を無料でダウンロード!

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

最後までお読み頂きましてありがとうございます!

-愛され集客ブログ

Copyright© 「集客心理学」オフィシャルサイト , 2021 All Rights Reserved.